クマの原因と対処法
2016.12.20

subimg03目の下のクマはとても気になるでしょう。見た目が悪いのは当然、実際の年齢よりも老けて見えてしまうこともあります。多くの原因がありますが、ほとんどの場合は老化が大きな要因になります。老化の場合は自分で努力をしてもなかなか改善されない場合がほとんどで、諦めてしまっている人も多いでしょう。しかし、美容皮膚科などでは対処法もあります。症状に合わせた対処方法がありますので、まずはその症状のカウンセリングから行うことが重要となります。例えば、多くの要因とされているのが血行不良です。血行が悪くなってしまうことで黒ずんだ皮膚に見えてしまいます。この血行不良はとくに女性の人に多く、年齢を重ねるごとに症状は酷くなっていくのが特徴です。

血行不良が原因の場合は、自分で対処できることもあります。日ごろから血行をよくしてくれる食べ物を中心的に選ぶことや、ホットタオルなどで目の下を温めるだけでも効果があるでしょう。しかし、年齢による皮膚のたるみが要因になっている場合は自分での改善は難しくなるでしょう。たるみは脂肪を支える皮膚の能力が低下していき、結果的に脂肪が重みとなり下に垂れ下がっていきます。自分での改善には限界がありますので、この症状の場合は脂肪を取り除くなどの処置が必要となってきます。目の下の脂肪の除去ほどであれば、それほど難しい施術ではありませんので、気になる人はまずは相談をしてみることが良いでしょう。また、色素沈着が原因で目の下にクマができることがあります。これは新陳代謝の極端な乱れでメラニン色素が増えてしまうことが要因となります。この症状の場合も自分で解決することは難しくなります。メイクを落とすときに、強く皮膚をこすってしまうことも要因となることがあり、一度メラニン色素が増えてしまうと日々の肌のターンオーバーでは改善されないことがほとんどです。

施術による方法が一番効果的であり、スピーディーに改善されますのでメラニン色素が増えてしまった場合の対処は施術が一番だと言えます。しかし、多くの費用が発生するというデメリットもあります。時間をかけてでも極力安価に改善したという場合には、色素沈着による症状を改善してくれる美容液などもあります。この美容液などを使用する場合でも、まずは美容皮膚科などの専門機関に相談を行い使用していくことが重要となります。おかしいと感じたときには、できるだけ早めに改善策を考えることが一番です。

▲ ページトップへ