あなただけのオリジナルTシャツを作る方法

オリジナルTシャツ

どこにも売られていないオリジナルTシャツは、家庭でも作成することができます。例えば、アイロンプリントシートに、プリントしたいデザインを印刷して、アイロンで圧着させて作成する方法があります。アイロンプリントシートはネットでも購入することができるので、プリンターとアイロンがあれば、簡単に作成できてしまいます。手書きのデザインをプリンターで読み取らせることもできますが、パソコンで作成した方が色も鮮明にプリントされてきれいに仕上げられます。ステンシルプリントで作成する方法もあります。型紙にする用紙を用意し、プリントしたい図柄を書き込んで、印字したい部分をくり抜きます。くり抜いた型紙をTシャツにあてて、布用のプリントスタンプでスタンプを押すように、くり抜いた部分に色付けをしていきます。

家庭でオリジナルTシャツを作成するときのポイント

アイロンプリントシートでオリジナルTシャツを作成する場合は、Tシャツの素材や、アイロンでプリントした後の耐久性をよく確かめて、プリントシートを選ぶことが大切です。何度も洗濯して着用できるTシャツを作成したいときには、洗濯にどれだけ耐えられるのか確認するようにします。白いTシャツとカラーのTシャツにプリントするのでは、適したシートが違ってくるので、適合するTシャツの生地と色を確認しましょう。ステンシルプリントで作成する場合も、生地に合った布用のスタンプを選ぶことが重要になります。同じ布用でも、適している布地ではなかったら、インクが滲んで広がっていったり、一回の洗濯で色落ちしてしまう場合があるので注意が必要です。手作りTシャツは複数回作成するうちにコツがつかめてくるので、手軽にオリジナルTシャツの着用を楽しめるようになります。

オリジナルTシャツはプロの手を借りて作成することもできます

アイロンプリントでもステンシルプリントでも、インパクトのあるオリジナルTシャツを作成することができますが、細かなデザインにたくさんの配色を加えてプリントする場合には、プリント会社に任せると、洗濯後の滲みや印字の耐久性を気にする必要のない、満足のいくオリジナルTシャツを手にすることができます。無料でデザインツールを利用できる所も多いので、自作デザインもプロ並みに作成することができます。ただ、プリント会社では、1枚のTシャツにプリントするのでも、複数枚のTシャツにプリントするのでも、版をつくってプリントするため、版代に関わる費用が作成費用の中に含まれるようになります。そのため、1枚だけ作成してもらう場合は割高にはなることが多いですが、数枚のプリントから割引してもらえる会社もあるので、依頼しやすいプリント会社を比較してみましょう。